うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

私「チャンバラ」の味方です!

どうも最近は見ごたえのある時代劇が少ない。小生が子供の頃は剣豪はヒーローだった。子供らはこぞってチャンバラごっこをしていたものだ。チャンバラ人気の衰退は相撲人気の衰退と似たところがある。小生の好きな正統派時代劇の1つがこの「宮本武蔵・五部作」です。

中村(萬屋錦之助主演、内田吐夢監督の作品。観るたびに気持ちが引き締まる作品であり、宮本武蔵映画の最高傑作と思う。現在、時代劇をなぜか評価しない風潮が蔓延していて悲しくなる。評価されるのは外国での評価が高い黒澤明くらいでしょうか?黒澤作品は嫌いではないですが、あれは正統派時代劇というより、活劇でしょう。外国で受けやすいでしょうね。錦ちゃんの本領は「一心太助」のような「チャキチャキの江戸っ子」役にあると思いますが、この武蔵役も実にアタリ役でした。