うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

手打ち麵屋 大島 ・ 手打ちうどん ますや

学生時代の友人2名をうどん店に案内しました。

まずは高松市太田下町の「手打ち麵屋 大島」へ

香川らしい「フルセルフ」が味わえます。

僕は「中華そば」を、友人2人は「釜玉」、「ぶっかけ」を

胡麻油と胡椒をかけました。

地元の人以外には目も向けられないメニューです。美味しいんですけどね。

 

2軒目は高松市春日町の「手打ちうどん ますや」

太麺が美味しいお店。

僕は「かけ」、友人2人は「かけ」と「ぶっかけ」そしてちくわ天でした。

太く、もっちりした麺が旨いんですね。

また出汁がイリコが効いて、じんわりと滲み込んでいく味わいです。

友人も「香川ならではの出汁」とほめていました。

 


www.youtube.com

 

うどん もみじ

高松市国分寺町柏原の「もみじ」に行ってきました。

初めての訪問です。

以前こちらは名店「たちばな屋」があった場所です。

建物を改装して開業したようです。

店内も少し明るくなりました。

「綿谷」出身の大将を中心に若く元気なスタッフが切り盛りしています。

「かけ」

「小」でもこのボリュームです!

揚げが旨そうなんで取りました。

もっちりして、いい弾力のある麺です。エッジも立っていますね。
出汁もイリコの香りと旨味を上手に引き出した美味しい出汁です。

最近の若い世代のお店の出汁は美味しくなりましたね。

名店「たちばな屋」の後を継ぐのにふさわしいお店と思いました。

 

中村うどん

丸亀市土器町の「中村」に行ってきました。

今春、先代大将夫妻が引退され、長年先代の元で修業されていた方(下の映像で麺を打たれている方です)が跡を継がれました。伝統の味を見事に継承されていますね。

「釜かけ」を頼みました。

喉越しよく、程よい弾力があり、儚く消えていくような麺、そしてガツンとインパクトのある旨味たっぷりの出汁は不変ですね。

同じ麺を守り続けること、毎日同じ味のうどんを提供することは、実はかなり難しいことです。

長期間、真面目にうどん作りに取り組んだきた現大将の人柄がそのままうどんに表れていますね。

これからも伝統の旨いうどんをお願いします。

先代大将の時代の映像です


www.youtube.com