うまげな話

オーディオとさぬきうどん、魚料理が好きな天邪鬼オヤジの日記

ヨコワ・ハリイカ

土曜日に明石魚の棚に行ってきました。

「松田」http://www.uonotana.or.jp/shop-094.htm

で、ヨコワ(おそらく長崎産)を四分一買いました。

f:id:menkui375:20191130142030j:plain

f:id:menkui375:20191130142013j:plain

なかなか大きくて、3日にわたって刺身、炙りでいただきました。

f:id:menkui375:20191130174036j:plain

f:id:menkui375:20191202192655j:plain

ヨコワはクロマグロの稚魚ですから、旨さは血統書付です。

冷凍していたハリイカのゲソを2日に分けて食べました。

ボイル

f:id:menkui375:20191130182253j:plain

60℃~70℃で低温ボイルしたものです。固くならず、甘みが引き立ちます。

天ぷら

f:id:menkui375:20191201180708j:plain

ジューシーで、歯応えがあって、旨味が溢れてきます。

いいハリイカです。





 

KARLSON X-15 031方式 D130 075 N2500

このモデルは知りませんでした。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q330626430

素晴らしいデザインに目を奪われます。

キャビネットを作ったKarlson社については無知でした。

Stromberg-Carlson社の名前は知っていたんですが。

デザインのみならず、キャビネットの構造も素晴らしい。

D130が斜めに設置されています。バックロードホーンと似たような

構造です。僕が所有するC34もバックロードなんで、

どんな音が出てくるのか興味津々です。

手元に置きたくなる魅力がありますね。


karlson X15

連番JBL C54 TRIMLINE トリムライン LE8T

僕も所有しているトリムラインが出品されています。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/433832903

最近は純正のレッグを付けて出品されることが多くなっていますね。

このゴールドに輝くレッグはデザイン面はもちろんのこと、

サウンドにも好影響をもたらしてくれます。

僕は先に本体を買ってから、かなり経過してからレッグを購入したので、

よくわかります。

今回の出品品は僕が所有する個体より少し新しいものですね。

僕の個体のユニットは半田タイプのLE-8-101です。

それにしてもヴィンテージJBLは価格が上がってきてますね。

音がいいし、オリジナルが希少なんで、仕方ないところでしょうか。

とにかく気持ちよく聴ける名スピーカーです。

とりわけ人の声の再現性が素晴らしいです。

アンプはいいものを選んで下さい。


JBL C54 TRIMLINE

天然明石鯛・鰆・アジ

この週末は冷凍素材で晩御飯でした。

天然明石鯛の頭、カマを塩焼にしました。

f:id:menkui375:20191124175535j:plain

これはいい鯛です。冷凍しても香り、味の濃さが楽しめます。脂の乗りもいい感じです。秋ならではの旨さです。

食べた後は当然のように潮汁に。

f:id:menkui375:20191124182244j:plain

この鯛ですから、旨いに決まっています。

鰆のフライ

f:id:menkui375:20191124180935j:plain

ふんわりとして、上品な味わい。秋の鰆は最高ですね。

アジ

f:id:menkui375:20191124174323j:plain

スーパーで買って、キズシにしてから冷凍保存していました。安いアジですが、いい脂が乗っています。

旬のちゃんとした素材は冷凍保存しても、美味しく頂けますね。

こんな時、真空パックが大活躍です。

最近は真空パック機がだいぶへたってきていますが。

身の味わいもいいです。これお買い得でした。

 

 

 

八十八庵

四国巡礼八十八番札所、「大窪寺」の門前の「八十八庵」に行ってきました。

久しぶりの訪問です。

寒くなってきたので、「打ち込み」が食べたくなりました。

f:id:menkui375:20191116090847j:plain

「打ち込みうどん」を注文しましたが、ちょっと残念なことがありました。

11月~12月は繁忙期で、2人前しか注文できないとのこと。

2014年~2016年まで、毎年11月か12月に訪問していたが、

そんなことは言われたことがなかった。店の人は「以前からのこと」と言うので、

僕の経験を話すと、「この2~3年は繁忙期は2人前からしか注文を受け付けていない。」と修正した。

朝の9時位で、客は他に2組ほどしかいない閑散とした状況なのに、1人前は受け付けてくれない。仕方なく倍の価格の2人前に。

f:id:menkui375:20191116085606j:plain

f:id:menkui375:20191116085644j:plain

f:id:menkui375:20191116085952j:plain

1人前でも量が多くて、2人で食べて丁度いい感じなんで、名物のこんにゃくのおでんも食べるゆとりがあったのに、今回はおでんを食べる余裕もなかった。

食べきるのに必死で、うどんもゆったり味わえなかった。

とにかく割り切れない気分で店を後にすることになった。

香川県のうどん店も変わってきたなという気分になってしまった。

場所柄、県外客が多いから、仕方ないのかもしれないが、地元の人間が行きづらい店になってきたようだ。


特選うどん遍路・八十八庵

 

菊水鮓西店

明石市松の内、国道2号線沿いの「菊水西」に行ってきました。

f:id:menkui375:20191123182353j:plain

いつも通り、僕は握りのみを、家内はアテと握りをおまかせで頂きました。

こちらは御影石のカウンターに照明が反射して、写真の写りが良くないので、

そのあたりを差し引いてご覧下さい。

握り

天然明石鯛

f:id:menkui375:20191123183727j:plain

この鯛は素晴らしい。身の旨味、香り、味の濃さ、すべてに一級品です。

明石でもなかなか出会えないレベルです。

車海老

f:id:menkui375:20191123183912j:plain

こちらでは活けの車海老を生か、湯通しかのどちらかを選択できます。

僕はいつも湯通しです。温かく、香りが立ち、甘みが楽しめます。

鰆炙り

f:id:menkui375:20191123184618j:plain

これまた極上の鰆です。いい身をしています。脂の甘みが楽しめます。

サヨリ

f:id:menkui375:20191123185329j:plain

厚みがあり、しっかりした身をしています。清涼感溢れる旨さです。

ハリイカ

f:id:menkui375:20191123185642j:plain 塩で頂きます。滑らかで、舌触りよく、歯応えもいいです。家で食べるハリイカとの違いに愕然とします。

ウニ

f:id:menkui375:20191123190831j:plain

淡路福良産のウニと北海道産ウニを2種乗せておられます。

淡路産の磯の香に満ちた口どけの良さと北海道産の濃厚な甘みを

うまくバランスさせています。

平目の漬け

f:id:menkui375:20191123191742j:plain

今年の平目はいいそうです。白醤油で漬けにされています。

蒸し穴子 塩山椒

f:id:menkui375:20191123192826j:plain

蒸し穴子・海苔、甘ダレ

f:id:menkui375:20191123192921j:plain

こちらの定番、2種類の蒸し穴子

明石産の海苔が実にいい仕事をしています。明石ならではの逸品です。

カワハギ肝乗せ

f:id:menkui375:20191123194012j:plain

ちりで頂きます。このカワハギの肝は抜群に旨かったですね。身もいい味してました。

天然鰤

f:id:menkui375:20191123194739j:plain

佐渡島産の鰤。実に質のいい脂が乗っています。薬味に添えられた煮昆布がいい仕事をしています。

太刀魚炙り

f:id:menkui375:20191123195026j:plain

じんわりと脂の乗りを楽しめます。辛くない唐辛子の香りもいいですね。

f:id:menkui375:20191123195448j:plain

〆加減がいいです。清涼感のある旨さを楽しめる鯖です。

イクラ

f:id:menkui375:20191123200923j:plain

大粒のイクラです。イクラのしたに酢飯が隠れています。お店の仕込みが抜群で、塩辛くなく、イクラ本来の旨さが楽しめます。ゆずの香りもいい仕事しています。

穴子棒寿司

f:id:menkui375:20191123200227j:plain

明石と言えば焼穴子。こちらは本当に上質の焼穴子仕入れておられます。

安定・安心の旨さ!

穴子新香巻

f:id:menkui375:20191123201812j:plain

明石の鮨の〆はやはり穴新。焼穴子、薬味、海苔のバランスがよく、

食味、香りともに抜群です。

デザート

僕は抹茶と葛のプリン

f:id:menkui375:20191123202755j:plain

家内は大納言小豆

f:id:menkui375:20191123202740j:plain

女将さん手作りのデザートはいつもながら抜群の出来栄え。

多くの専門店を凌駕するような旨さです。

家内が食べたものは

アテ

穴子ハラス

f:id:menkui375:20191123183042j:plain

f:id:menkui375:20191123183717j:plain

鰆炙り

f:id:menkui375:20191123184534j:plain

ハリイカ

f:id:menkui375:20191123184234j:plain

伝助穴子炙り

f:id:menkui375:20191123190330j:plain

生蛸造り

f:id:menkui375:20191123185502j:plain

蛸の吸盤

f:id:menkui375:20191123185522j:plain

ウニ3種盛

f:id:menkui375:20191123191108j:plain

右が淡路産、左が北海道産、上がロシア産。実に贅沢な食べ比べ。

握りは

車海老

サヨリ

蒸し穴子 塩山椒

蒸し穴子 海苔、甘ダレ

穴子棒寿司

穴子新香巻

こちらはもちろん高級店なんですが、

気さくで、アットホームな雰囲気なんで、初見の方でも

安心してくつろいで、美味しい料理を楽しめます。

大将は様々な食材に関する知識が豊富で、

鮨・和食のみならず、他のジャンルの料理もよく研究されています。

美味しいものに対する純粋な好奇心がこちらの料理を美味しくさせている

と思います。

とにかく、楽しく、旨いものを食べられるお店です。